Month: May 2017

Month: May 2017

与信審査というのは貸し付けることができるのかどうか、という審査のことです。借入をする時にはこの審査を受けることになります。しかし、いくら厳格に与信審査をして、大丈夫だ、という裁定が出て、融資をしても倒産するところはあるのです。

ですから、ある程度の貸し倒れ率http://www.describewebru.com/は覚悟しているわけです。それは当然、仕方ないことである、と言う認識でよいでしょう。色々と区分があるのですが、大抵のところはある程度、審査のためのハードルを決めていることが多いでしょう。

しかしながら、それでも失敗する時もあるのです。これはコンピュータが一律で審査しようとよくあることになります。むしろ、コンピュータで完全に信用データを数値化して判断するほうが失敗する可能性が高いとされています。

数値化するのはよいのですが、その後、人による審査もするのが基本的には重要であるとされています。それが基本的な考え方であり、銀行などは何重もの審査をしているくらいです。

 

家計簿の正しい使い方

どんなに毎月の収支を管理していても赤字になることってありますよね。
家計簿をつけているからといって収支がとれるってわけではありません。
もし、家計簿をつけていて赤字になってしまうと考えている方は少し甘いです。

家計簿は付けることが目的ではなく、付けたあとが一番大切です。
なにが家計を圧迫しているのか、必要な出費とそうでないものを見極め、
お金の使い方を考え直すところに本当の意味があります。

特に家計簿を活用するのが効果的な人は、あまり使った記憶がないけど、
毎月足りないという方です。

買い物のついでに100円レベルのものを考えもせずカゴに入れてしまったり、
「今だけ送料無料!」「半額セール」の文字に踊らされて
ネットショップを利用してしまうような人です。

お金を使う計画がまるで頭に入っていない、ということです。

そんな方のなかには、家族に黙ってキャッシングを使っては返済、
カードローンの審査を家族に黙って申し込んで使い込んでいるなどしていませんか。

キャッシングやカードローンは、本当に目的があり、
意味のある使い方をすれば非常に有効な手段の1つです。

しかし、『なんとなく』とか『お金がないからとりあえず』
といった形で利用すると、逆効果になりかねます。

100円200円を無駄遣いするウチはまだ引き返せます。
しかしその積み重ねがキャッシング利用になってしまっては
堕落の道です。

まずは、家族でしっかりとコミュニケーションをとって収支について話し合ってみてください。

その際、無理な我慢は禁物です。
家計簿をつけていて、客観的に分析をしましょう。